熊本の超癒しスポット、菊池渓谷〜憩いの森でリフレッシュ〜

スポンサーリンク

 

妄想じゃ~に~。IN.熊本③

前回のあらすじ

リリーと、ゴン太がアテもなく熊本市街をブラブラしていると、突然背後から話しかけてきた女がいた。

その相手は宮崎の都井岬で出会った熊本ひさこ、通称『くま子』だ。

彼女の地元がたまたま熊本で、更にはゴン太にホの字という事もあり、彼らの行動が気になり、こっそりと後をつけていたらしい。

 

簡単に言うと、ちょっとしたストーカーだ。

 

だが彼女の案内のおかげで『熊本城』の今と向き合いながら、復興に対する熱い気持ちを肌で感じることが出来たのであった。

菊池渓谷

リリー達は熊本市から約50キロの場所にある菊池市『菊池渓谷』へと来ていた。

菊池渓谷とは、日本森林浴の森百選」「日本名水百選」「日本の滝百選」「水源の森百選 」「くまもと緑の百景」「熊本の自然百選」「新くまもと百景」 も選ばれている、熊本を代表する自然豊かな渓谷である。

 

震災の影響で閉谷していたが、大部分の復旧工事を終え、今年(平成30)の324日に再び入谷出来るようなった。

写真提供:kikuchi_kanrininさん >>>http://kikuchikeikoku.jimdo.com/

リリー

わーーーー、見て見てーーー!!!

光が差し込んでいて、めちゃんこ綺麗だよー!?

ゴン太

おい、リリー!危ないから、あんまり走るなよ〜!?

くま子

私の体がココの良質な空気をずーーっと欲してたの・・・。

あなた達も遠慮なんかしてないで、大きく深呼吸してごらんなさい!

空気が凄く美味しくて、生き返るわよ!?

リリー

小鳥さんのさえずりに、川のせせらぎ。

そして降り注ぐマイナスイオンのシャワー。

僕の癒しはMAXを振り切って、「無の境地」に達しているよ・・・。

くま子

どー!?

アメージングでしょ!?

ゴン太

唯一残念なのは、

くま子って存在がココの景観を損ねてるってとこだな。

くま子

あらやだ、ゴンちゃんたら〜♡

レディーに対して意地悪言っちゃいけないんだぞ〜!?ツンツン♡

ゴン太

ツンツンは辞めて下さい・・・。

スポンサーリンク

癒しの時間

くま子の言動に鳥肌を立てつつも、リリーとゴン太は菊池渓谷の自然に終始癒されていた。

写真提供:kikuchi_kanrininさん >>>http://kikuchikeikoku.jimdo.com/

写真提供:kikuchi_kanrininさん >>>http://kikuchikeikoku.jimdo.com/

写真提供:kikuchi_kanrininさん >>>http://kikuchikeikoku.jimdo.com/

写真提供:kikuchi_kanrininさん >>>http://kikuchikeikoku.jimdo.com/

スポンサーリンク

渓谷の住人に僕はなる!!!

ゴン太

真夏でもココだと涼しそうだし、避暑地としてもベリベリグッドそうだな♪

くま子

秋には紅葉も楽しめるし、冬には霧氷の花が咲いたり、一年を通して楽しめる渓谷なの♡

来年の夏にはゴンちゃんと二人きりで・・・

リリー

僕ココの住人になりたーーーい!!!

小鳥さんと、一緒にチュンチュン鳴いてこの渓谷を守るんだーーー!!!

チュンチュンチューーーーーーーン!!!

くま子

チッ・・・このイガグリ小僧が・・・

そんなにチュンチュン鳴いてたいなら、勝手に鳴いてなさい!!!

ゴンちゃん、次は阿蘇を案内してあげるから、あんな小僧はほっといて先に行きましょ♡

リリー

あーーーーー、

僕を置いて行っちゃダメなんだぞーーー!?

ちょっと、待ってよーーーー!ねぇーったら!!!

菊池渓谷で癒しの時間を十分に過ごした三人は、「渓谷に架かる虹」に後ろ髪を引かれながらも、くま子の案内で阿蘇方面に向かう事になった。

続く・・・。

 

前回の記事を見る

現在の熊本城。見せる復興とは何か!?そして、僕らに今できる事。

2018.06.05

菊池渓谷近辺マップと公式サイト

菊池渓谷:公式サイト>>>http://kikuchikeikoku.jimdo.com/

 

菊池渓谷の写真提供者

kikuchi_kanrininさん

http://kikuchikeikoku.jimdo.com/

菊池渓谷の素晴らしさを少しでも写真を通してお伝えしたかったので、写真を提供して頂けないかとご相談したら、快く提供して頂けました。

kikuchi_kanrininさん、ご協力ありがとうございました。