阿蘇火山の神秘!エメラルドグリーンに輝く火口湖。

妄想じゃ〜に〜。IN熊本7

前回のあらすじ

阿蘇の大自然で、急遽テントを設営する事になったリリーとゴン太。

彼らが汗を流してる間、くま子はディナーの食材を求め一人森の中へ・・・

熊本は馬刺しが有名な事もあり、彼女なら阿蘇に放牧された”UMA=馬”をターゲットにしても何ら不思議ではなかった。

しかし彼女の魔の手に掛かったのはまさかの・・・”UMA=ユーマ”

つまり未確認生物の方だった!!!

更にはガッツリヘッドロックされた一匹の悲しきワンちゃん・・・。

血を流しながら戻ってきた彼女は「UMA with ワンちゃん」を調理する気満々だったが、流石にそれはNGだとリリーとゴン太に諭され森に帰したのであった。

結局バナナで空腹を満たした三人は、『かぶと岩展望台』から見える夜景でロマンチに浸った後に、テントに戻り就寝。

そして朝を迎えた・・・

阿蘇中岳第一火口見学

リリー

ねぇ、ねぇ、二人とも起きて起きてーーーー!!!

大変なんだよーーーー!!!

くま子

朝っぱらからやかましいこ子ね!

うっ、何なのこの悪臭は・・・くっさ!!!

・・・ちょ、ちょっとアンタ何よそれ!!!

リリー

ゴン太がバナナで作ってくれた“腰巻パンツ”が遂に腐っちゃったんだ・・・

お気に入りだったのに・・・

くま子

むしろよく今まで腐らずにいたわね・・・

リリー

残念だけど、サヨナラの時が来たみたいだ・・・

アーメン・・・

ゴン太

リリー・・・

リリーと、ゴン太は思い出が詰まった”腰巻パンツ”と、同じくいつかは腐っていくであろう“バナナテント”を丁寧に埋葬し、別れを告げた。

そして一同は、中岳第一火口へ。

中岳第一火口(阿蘇山上)到着

リリー

ぬぉーーーーー!!!

煙モクモクすんごーーーーーーーーー!!!

ゴン太

でもなんでマグマなのに真っ赤じゃなく、緑なんだ!?

くま子

ニヤリ・・待ってました♡

くま子がゴンちゃんの疑問全て解決しちゃいまーす♡

スポンサーリンク

阿蘇五岳と火山の詳細

くま子のLOVEガイド

阿蘇五岳

阿蘇五岳は、阿蘇山の中核をなす五つの連なる山と、火山群をとり囲む大規模な阿蘇カルデラの総称。

左から順に、根子岳(1,433m)高岳(1,592)中岳(1,506m)烏帽子岳(1,337m)杵島岳(1,321m)

巨大カルデラが出来た背景

この地帯には数多くの火山があって、10万年程前に一斉に噴火活動しちゃって、沢山の火山灰、溶岩を噴出した影響で、大陥没しちゃったの・・・。ち〜ん・・・

そして現在でも火山活動中なのが、中央に位置する中岳』にある『中岳第一火口』

火口底に溜まった雨水や湧水は地中のマグマに熱せられて温度は90度を超える事も。

熱々おでんの比じゃないわ・・・アッチッチ(//∇//)

火口湖の水は、太陽光のレイリー散乱と吸収によってエメラルドグリーンへと変化しちゃってるけど、ゴンちゃんへの愛は永久に「桃色LOVE」だからね♡

あ〜ん、ゴンちゃん好きだお〜♡

あっ、いけない・・・私ったら(//∇//)テヘッ

スポンサーリンク

大迫力!大興奮!?

リリー

間近で見る火口は迫力満点過ぎて興奮が抑えきれないよ・・・

ヤッフォーーーーー!!!

ゴン太

お、俺の方が抑えきれてないぜ!?

ヤッフィーーーーーーー!!!

くま子

ごっほん・・・

ゴォンちゃ〜〜〜〜〜〜〜ん♡♡♡

一人だけ愛の叫びになってはいたが、各々が興奮を抑えきれない程の自然の力。

現在は噴火レベルは引き下げられているが、彼らの叫びでマグマがご機嫌斜めにならない事を切に願いたい・・・

悪臭とフェロモン・・・

火口見学を終えた三人は、中岳の山道を歩きながら今夜泊まる場所について話し合っていた。

リリー

綺麗なエメラルドグリーンと、煙りモクモクしてるの見たら、温泉入りたくなっちゃったーーー!

バナナの腐乱臭だけじゃなく、火口の硫黄の匂いまで体に染み付いちゃってるし・・・

くま子

どれどれ、クンクン・・・

あいも変わらず、くっさ!!!

ってか、あんたの周り朝からずっとハエがたかってるじゃないの・・・

リリー

ぬーーーん。泣

あっちいけーーーー!!!

ゴン太

くま子も謎の獣臭がしてて、十分くっせーぞ?

この辺に温泉宿はないのか?

くま子

あらやだ、私のフェロモンがダダ漏れしてるのかしら(//∇//)

そうね、せっかくだから『黒川温泉』って言う、熊本では有名な温泉街があるから連れてってあげる♡

くま子の悪臭は勿論フェロモンなどではなく、昨晩捕獲してきた謎の生命体とのバトルの末ついた、血と涙と汗の匂いである。

兎にも角にも、黒川の温泉街へ向かうことになった三人。

今晩はトラブルもなく、平穏な夜を過ごす事が出来るのであろうか・・・。

続く・・・

中岳第一火口 周辺マップ