熊本を代表する人気温泉街!黒川温泉の魅力が詰まった、湯けむり珍道中記。

スポンサーリンク

妄想じゃ〜に〜。IN熊本8

前回のあらすじ

阿蘇五岳の一つ『中岳』で、活火山の活動を間近で見学した三人。

火口からモクモクと立ち上がる白煙は、まるで大地が呼吸をしているかのようで、感慨深いものがある。

エメラルドグリーンに輝く火山湖に、壮大なカルデラ。

火口見学を満喫した一同は、熊本を代表する温泉街『黒川温泉』へと向かった。

黒川温泉珍道中記

阿蘇山麓の自然豊かな山あいに佇む、三十軒程の旅館が集まった温泉郷。

三十軒の宿と里山の風景すべてを、「一つの旅館」として、名付けられたのが「黒川温泉一旅館」

温泉街全体の風景が『一つの旅館』というのがコンセプトでもあり、それが大きな魅力となっている。

到着

ゴン太

こんな大自然の中に温泉街があるなんて、ビックリだなリリー!

くま子

あの子なら満面の笑みで、スキップしながら温泉街に向かったわよ?

(邪魔者が去ったって事は・・・ゴンちゃんと二人きりの温泉デート♡)

ゴン太

クッ・・・あの野郎、抜け駆けしやがってー!

こうしちゃいられない・・・俺たちも早く行くぞ!!!

くま子

あ〜ん、待ってゴンちゃ〜ん♡

スポンサーリンク

トラブルメーカー

ゴン太

ったくリリーの奴、何処行ったんだよ・・・

くま子

ちょっと、ゴンちゃん!

あそこの顔湯に頭突っ込んで暴れてるのって・・・・

リリー

ふんぬーーーーーーーー!抜けないよーーーー!!!

誰か助けてーーーーー!!!!

ゴン太

おい、何してんだよ!大丈夫か!?

今抜いてやるから、待ってろ!くま子も手伝ってくれ!

くま子

ったく、毎度毎度世話がやける子ね・・・・

リリーが頭を突っ込んでいたのは、無料で設置されている源泉の蒸気を顔に浴びる『顔湯』であった。

リリー

ふぅ、助かったーーーー!

中がどうなってるのか覗いてたら、頭がジャストフィットしちゃって・・・

怖かったよー!

ゴン太

抜け駆けして俺を置いていったバチが当たったんだぞ?

これからは、単独行動は禁止だからな?分かったか?

リリー

うーーー・・・分かったー。

 

三人は三種類の露天風呂に入ることができる黒川温泉名物『入浴手形』を購入する為、近くの販売所へ向かった。

黒川温泉必須アイテム

くま子のLOVEガイド

黒川温泉入浴手形

黒川温泉の旅館28ヵ所の温泉の中から、自由に3ヶ所選んで入浴可能。

更には各旅館や加盟店などで、割引やドリンクサービスなど、お得な特典付き手形。

料金・1,300円(子供700円税込)

温泉一ヶ所あたりの料金は500円〜700円だから、温泉巡りしたいなら迷わず買わなきゃ損ね。

ゴンちゃんと混浴三昧・・・ゴッキュン・・・

かっぽ手形

対象旅館・商店を三箇所チョイスして、お酒+おつまみを三回楽しめる欲張り手形。

料金・1,500円(税込)

黒川温泉公式ホームページ→https://www.kurokawaonsen.or.jp

スポンサーリンク

温泉会議

 

リリー

一つの入浴手形で入れる温泉は三つまでかぁ。

ムムム!?

ねぇ、ねぇ、ゴン太!僕、この三つの温泉がめちゃんこ気になる!

ゴン太

どれどれ・・・

選ばれし、三つの温泉

①三愛高原ホテル

“阿蘇五岳”を含む大絶景を一望できる「絶景鼻の湯」

湯に浸かりながら360度大パノラマを楽しめるのは、熊本の大自然に囲まれた”黒川温泉”ならではの魅力である。

運が良ければ、夜には満天の星空が見れる事も。

三愛高原ホテル→ http://www.san-aihotel.gr.jp/

②山の宿 新明館

全長30メートル洞窟風呂』

注:こちらは混浴ではあるが、女性専用の風呂も完備されている。

山の宿 新明館公式ホームページ→ http://www.sinmeikan.jp/

③山みず木

小鳥のさえずり、川の流れに、水の音が心のそこから癒しを与えてくれる。

今の季節なら紅葉も楽しめ、四季折々の風景を楽しみながら入る温泉は格別である。

山みず木公式ホームページ→http://www.yamamizuki.com/index.html

入浴タイム

リリーが厳選した温泉は、他の二人にとっても魅力的だったようで、すぐさま可決された。

早速、目的の温泉に向かい待ちに待った入浴タイム。

忘れ去られたくま子・・・

リリー

景色も良くて、すんごい気持ちよかったねゴン太♪

疲れも吹っ飛んで、元気モリモリになっちゃったーー♪

ゴン太

リリーのチョイスは大正解だったな♪

そろそろ日も暮れそうだし、湯冷めする前にチャチャっと今晩泊まる旅館に向かうか♪

リリー

よーし、レッツラゴーーーー♪

女湯でゴン太の人形をツンツンしている『くま子』の存在は、完全に二人に忘れ去られていた。

そうとも知らず、呑気に湯に浸る彼女は、果たして彼らと無事合流できるのであろうか。

続く・・・

黒川温泉街 周辺マップ