【クリスマス漫画】見習いサンタと、マッチ売りの少女。

スポンサーリンク

今日は12月24日。

みんな大好き、クリスマスイブだ。

街はイルミネーションに彩られ、クリスマスソングが町中で流れている。

この日は子供をはじめとする、多くの人々がサンタからのプレゼントを楽しみに待っているだろう。

この物語は、みんなに夢や希望を届けたいとの想いで、サンタの世界に足を踏み入れた少年の奮闘記である。

見習いサンタと、マッチ売りの少女【クリスマスの悲劇】

マッチ売りの少女
・・・マッチいかがでしょうか?
通行人

今の時代に、マッチ売ってんの!?超ウケんだけど〜!

しかも、裸足ってw

マッチ売りの少女
・・・。
通行人

そんな小汚い奴なんかほっといて、早く暖かい所に行こうよ!ぐへへへ

 

彼女は両親を早くに亡くし、天涯孤独の身。

生活費を稼ぐために、この街角でマッチを売っているのだ。

靴を買う余裕など当然なく、毎日裸足でここに立っている・・・。

観察

マッチ売りの少女

今日も一本も売れなかった。

さっきの子が言ってたように、今の時代にマッチなんて売れるわけないよね。

 

ツリーの陰から覗き込む一人の少年。

彼がこの物語の主人公、見習いサンタのリリー。

今日は記念すべき、サンタとしての初出勤。

クリスマスプレゼントを渡すに相応しいターゲットを街で物色中、偶然落ち込んでいる彼女を発見したようだ。

リリー

あの子こんなに寒いのに、裸足じゃんか・・・

マッチも沢山売れ残ってる・・・

マッチ売りの少女

もうこんな時間か・・・。

 

彼女がその場から立ち去ろうとしたその時、リリーは行動に移した。

スポンサーリンク

How much

リリー

ヤッホー!

リリーサンタの登場だよー!

マッチ1本、下さいな〜♪

マッチ売りの少女

・・・あ、マッチですか?ありがとうございます。

1本、3万円になります。

リリー

・・・えっ?

もう一度聞いていいかい?

マリッサ

三万円です!

 

彼女のマッチが売れない大きな要因。

それは時代などではなく、その攻撃的な“値段設定”が原因だと分かった瞬間だ。

 

リリー

僕の、なけなしのお金が・・・

見習いサンタは辛いとです。

疑惑

マッチ売りの少女

買って下さり、ありがとうございます。

マッチを売り始めて、今年で三年目・・・初めて売れました。

天国の両親もきっと喜びます。

ついでにコチラの商品もいかがでしょうか!?

 

 

 

 

 

リリー

・・・ナニコレ!?

マッチ売りの少女

うちの家系に代々伝わる幸福のツボです。

クリスマス特別大特化で、100万円なります。ゴホゴホッ・・・

 

彼女はわざとらしく咳き込みながらリリーの様子を伺っている・・・

 

リリー

はっは〜ん・・・

さてはお前、悪いやつだな〜!?

僕をカモにしようったって、そうはいかないぞ!

正体を表せーーーーー!!!

マッチ売りの少女

何するんですか!

辞めてください・・・辞めろって言ってんだろ、クソサンタが!

スポンサーリンク

本性

リリー

本性を現したな、このマッチ女め〜・・・

僕はまだまだ見習いだけど、クソサンタじゃないもん!

せっかくプレゼントあげようとしたのに・・・

マッチ売りの少女

ふんっ、今さら私が詐欺師だって気づいても手遅れだっつうの!

マッチ一本、毎度ありーーーー♪

ついでにこいつも頂いてくぜ!?

バイバイ、マヌケなサンタさん♡

 

マッチ女は凄まじい速さで、逃げていった。

みんなへのプレゼントが詰まったプレゼント袋を抱えて・・・

 

リリー

大変だ・・・

こうしちゃいられない!

トナカイ君、早くアイツを追いかけるんだ!

さぁ、早くーーーーー!!!

記念すべきサンタデビューの日に、ぼったくられた挙句、ツボまで買わされそうになったリリー。

更にはプレゼントが詰まった袋まで奪われる始末・・・

小柄なトナカイに跨ったところで、彼女を追いかけれるのかは疑問ではあるが、みんなのプレゼントは彼の手にかかっている。

ガンバレ、見習いサンタ!

 

続く・・・

お知らせ

見習いサンタ(仮)は今後、本編とは別にシリーズ化していく予定ですので、今後ともよろしくお願い致します。